infoNear receruting

NEW PROJECT新規プロジェクト

新規プロジェクト イチから作り上げていく!

既存のコンテンツを盛り上げていくことはもちろん、自発的に新しいことに取り組むことができるのもインフォニアの特長の一つです。
現在進行形でデート情報に特化したサイト『デート通』を作り上げているチームの方々に話を聞きました。

そもそもなぜこの新規のプロジェクトをスタートしようと思ったのでしょうか?

K.R:デート情報に特化した専門サイトって実はほとんどないんです。そういった他社がやっていない尖ったコンテンツを作ってみたいという気持ちがあって、この新規のプロジェクトを立ち上げました。

O.K:今インフォニアで売上の柱となっている事業が「ポイントサイト事業」と「広告代理事業」なのですが、自分で新たな売上の柱を作ることができたらいいなと思ったのがきっかけです。

新規プロジェクトといえば...昨年度からアプリ開発も始まりましたね。

K.R:「あの時紹介されたアプリで僕はモテたかもしれないのに(以後あのアプ)」というアプリの開発は当時本当に少人数で始めました。

Y.T:少人数なので問題点や反響、売り上げなどの情報共有が容易にできたんですよ。「あのアプ」で売上のモデルや運営の仕方などの形を固めて、その後のアプリ開発に活かしました。

O.K:あの...ちょっと気になったんですけど、アプリ開発の時のメンバーってどうやって集まったんですか?

K.R:最初は皆本当に軽い気持ちで、自然と集まりましたね。僕がもともとスマートフォンを使いこなせなくて、普段の会話の中で「どのアプリを使えばいいのか全然わかんないんですよね」という話をしていたら、「じゃあアプリを紹介するアプリを作ったらいいんじゃないか」と言われて。

Y.T:確かにそうでしたよね。あとそろそろ会社としてアプリ開発くらいしないとダメなんじゃないか? という気持ちが少なからずあったからこそ、自然にメンバーが集まったというのもあるかもしれないですね。

新規でプロジェクトを進める中で、チームとして動いていて大変なことはあるのでしょうか。

N.T:新規のプロジェクトに限らないと思うのですが、まとめる人がいない状態で人が増えると、皆が皆好き勝手なこと言ったり意見が割れたりして大変、というのはありますね。

Y.T:まとめる人がいなくても、メンバー全員がちゃんとやるべきことをわかっていれば大丈夫なんですけどね。目標が一致していれば。

O.K:たしかに...以前、別の新規プロジェクトの際に感じたのですが、「新たな売り上げの柱を作ろう!」とみんなが思っている中に、一人でも「できるわけない」と思っている人がいると、チームのモチベーションが保てなくなってしまうんです。モチベーションが低いチームでは良いものは作れませんよね。

K.R:何もない中から新しく作り上げていくので、正直言って大変じゃないことなんてないですね。1から10にしていくことよりも、0から1にすることの方が難しいし、神経を使う。たくさんの意見よりも、少数のよく考えられた意見の方がいいという場面も多々ありました。

Y.T:とはいえ良いこともたくさんあって、人それぞれできること、できないことがあると思うんですが、それを補い合うことができるのがチームの強みだと思います。

O.K:自分一人で最初から最後まで決めてしまうよりも、自分の意見と他の人の意見をすり合わせて良いとこどりをしていった方が確実に良いものができるので、それもメリットだと思います。あとはうれしいこととか達成感を共有できること!

こういう人とチームを組んで一緒に働きたい! という人ってどんな人ですか。

N.T:基本的ですが、モチベーションが高くてやる気のある人。

O.K:意見がどんどん言える人。奇抜な意見でもいいし、批判的な意見でもいい。意見を出した後、じゃあその意見をもとにどうやっていいものを作っていくか? ということが話し合える様な人だといいですよね。

K.R:他にはない視点から物事を見ることができる人がいるといいなと思います。最終的には多くの方に使っていただけるようなものを一から作り上げるわけですから、なるほど、と思わせてくれる人というか…個性的な考えを持っている人とか。

Y.T:常にアンテナを張りめぐらせて「今何が面白いのか」とか「話題になりそうなものは何か」を考えている人とチームを組んでみたいなとは思いますね。

さらなる発展を楽しみにしています! ありがとうございました!!

-ENTRY-募集要項