infoNear receruting

SALES PROJECTセールスプロジェクト

セールスプロジェクト 一生懸命取り組めが取り組むほど、うれしい!と思う時間はたくさんある

インフォニア株式会社は媒体運営社でありながら、他社媒体も販売する広告代理店としての機能も持ち合わせております。
他のプロジェクトチームとはまた違う、クライアント目線で日々提案に勤しむメンバーに話を聞きました。

広告掲載までの流れは?

I.H:大まかな流れとしては、営業がクライアントから課題を聞きそれにそった提案を行い広告案件を受注、その後は広告管理が細かい設定するという流れですね。新卒で営業の場合は、毎朝先輩社員にその日1日のスケジュールの確認をしてもらいます。いつまでにこの業務を終わらせるかとか、この案件はこうやればうまく進められるんじゃないかとか。

S.M:それぞれ営業で外出することが多いので、時間があった時にはちゃんと情報共有をしたり、個人的に相談に乗ったりするようにしていますね。個人で動くことが多いからこそチームでの情報共有が大事になると思うし、その情報共有が広告案件の受注にも大きく影響することだと思うので。

I.D:そうやって営業さんが頑張って受注してきてくれた広告案件を、私たち広告管理が設定し、サイトへアップしたりメール配信をしたりしています。この日にこの広告案件がこのサイトに掲載される、というような管理をしています。

そうやってチームとして動いている中で、『この人はこういうところがすごいな』とか、『こういうところを見習おう』と思ったことはありますか?

I.H:先輩と一緒に営業に行くと、「この先輩のこういう話し方は惹きこまれるな」とかやっぱり勉強になりますね。いろいろな先輩の営業スタイルを見て、いいなと思ったところは取り入れるようにしています。

S.M:営業チームの中でも一人ひとり得意なジャンル・詳しいジャンルみたいなものもあるので、自分の苦手なジャンルのプロモーションに興味のあるお客様のところに行くときはそのジャンルのプロモーションに詳しい人を連れていく、ということがしょっちゅうあります。チーム内で尊敬しあいながらお互いに協力し合っている印象ですね。

I.D:広告管理の視点でいえば、まず営業の方が受注してきてくれなければ私たちの仕事がなくなってしまうので、広告案件を受注してくるのは大変なのにすごいなと思っています。いつもお世話になっていますといった感じです。

I.H:せっかく受注しても広告管理の方が細かく設定をして、サイトへアップしてくださらなければ営業としてもまったく意味がないので、逆に営業からしてみたらそういった細やかな対応は大変なのにすごいなと思っています!

S.M:要は広告管理と営業は持ちつ持たれつの関係なんです。

チームのつながりが強いですね!

I.D:広告管理という立場から営業チームを見てますけど、本当にみんな仲が良いですよ。どうやってお客さんに提案しようかとか、どういった広告が効果的なのかとか、そういったことを皆で話し合いながら協力し合っていることがよくあります。

S.M:一見、「このチームまとまりそうにないな」というくらいみんなとても元気というか、個性的なんですが…

I.D:まとまるときはまとまりますよね。

S.M:本当にそのとおりです。普段はみんなで好きに動いて、いろいろなところへ散らばっているイメージですが、やはりみんな目標は一緒なので。会社の売り上げを上げていこう! とか、良い提案をしよう! とか、目指す方向が一緒だとどんな人の集まりでも最終的にはまとまりますね。 ただ、やはり人と人との付き合いなので、コミュニケーションの取り方には気を付けます。
社内だからとかは関係なく常に気を遣って、この人はこういう人だからこう言ったほうがいいのかな、とか。

I.H:本当に!? 逆に僕はあんまり気を遣ってません!

I.D:まあ、いろんな人がいるってことですね(笑)

例えばチームとして危機的状況に陥った時に、どうやってそれを切り抜けるんでしょうか?

I.H:危機的状況に自分たちがいると思うことがそもそもないかもしれないです。みんな常に前向きなので、一般的に危機的状況と言われる立場にあってもそうでなくても、いつも「これからどうして行くべきか」ということをまず考えています。

S.M:一人でも考えるし、チーム全体でも考えていますね。基本的に落ち込むということがないと思います。落ち込んでいる時間があるのならその時間を使って考えたほうがいい。

営業チームとして動く中で、こういうことが『楽しかった』『うれしかった』ということはありましたか?

I.H:初めて広告案件を受注できたときのことなんですが、僕自身まだ何もわからない状態だったこともあり、先輩社員の方々にすごく頼ってしまったんです。受注はできたけれど、これって自分自身の力ではないんじゃないか? と思っているときに先輩が「お前がいたから受注ができたし、売り上げもあげられたんだよ!」と強く言ってくれて。その時に初めて「頑張ってよかったな」と思うことができました。あのタイミングであの言葉を言われた時は本当にうれしかったですね。

I.D:新卒の子が初受注した時とか、新卒の子じゃなくても営業の方が大きな広告案件を受注してきてくれた時はうれしいです。よかったねって一緒に喜べることがうれしいというか…私も頑張ってやろう! という気になります。

S.M:売上の達成ももちろんですが、やっぱり成長がみられると、上司としてはすごくうれしいですね。それからお客様に信頼されていると感じる瞬間。一生懸命取り組めば取り組むほど、うれしいと思う瞬間はたくさんあるのではないでしょうか。

こういう人とチームを組んで一緒に働きたいという人物像はありますか?

I.D:どの部署でも一緒だと思うんですけど、自分で考えて行動できる人と一緒に働きたいかな。

S.M:負けず嫌いな人とか、自分はできるって過信している人がいいかも。「あの人はこうやったけど、俺だったらこうやるんだけどな」ってことを常に考えられる人がいいと思います。

I.H:インターネットに深くかかわる会社なので、特にネットに対する知識欲がある人がいいと思います。興味を持って新しい知識をどんどん持ってこれる人であれば、常に新しい提案ができると思うので。

さらなる発展を楽しみにしています! ありがとうございました!!

-ENTRY-募集要項